笑顔の女性

布ナプキンには実際にどのようなメリットがあるのか

臭いの対策をする

白いタオルを首にかけた女性

布ナプキンの効果やメリットとしては、臭いが軽減するともいわれています。これは血液が吸水ポリマーに吸水されることで起きる臭いとされています。また、ムレの雑菌繁殖が加わって臭いが強くなる傾向にあります。通気性が良く、ムレが少ない布ナプキンの場合には使用中の臭いが軽減されるのです。血の臭いは酸素に触れて酸化、雑菌繁殖が進むことで発生します。使用中は雑菌繁殖が少なくても、その後の処理によっては布ナプキンから血の臭いが取れないといったケースもあります。まず、臭い対策には、雑菌繁殖を最低限に抑える対処が必要なのです。持ち帰る時や、洗濯時もしっかり対策を行なうことが重要です。使用済み布ナプキンは抗菌消臭性の高い袋にいれ、殺菌効果のあるアルコールスプレーや、重曹を溶かして作る重曹スプレーなどで消毒するようにすると臭いを抑えることができます。帰宅後はすぐに水や、重曹水につけて、水の色が染まらない状態になるまで血をしっかり洗い流すようにすると良いでしょう。布ナプキンはしっかり汚れを落としきれば、そこまで臭うことはありません。対策をする手間はありますが、ムレや普段の生理の臭いから解放はされることでしょう。浸け置き洗いの水は入れ替えていくとそれほど臭いは気になりませんが、長く漬け置き、血の臭いが気になる場合には、漬け置きする水にアロマオイルなどを垂らして臭いを紛らわせるという方法もあります。布ナプキンに香りづけする場合にはクローゼットなど、布ナプキンをしまうところにポプリやサシェを仕込んでおくと、ほんのり香りが移ります。