笑顔の女性

布ナプキンには実際にどのようなメリットがあるのか

かぶれと痒みの改善効果

女性

布は織物であることから、摩擦の数値という正確なデータはありません。そのため紙と布の摩擦の数値を比較し、肌のダメージを考えることはできませんが、紙ナプキンの使用でかぶれや痒みを訴える人は多くいます。そうした女性が布ナプキンに変えたところ症状が改善したという体験談も多くあります。布も種類や織り方によって異なりますが、布であることから下着と同じような肌触りで摩擦が少なくなるということもあるでしょう。布の中で、摩擦が起きにくく静電気などが発生しにくいのが絹です。ただし、絹はシミになりやすい傾向があるため、布ナプキンには少々不向きかもしれません。綿も静電気を発生させにくい素材とされているため、その摩擦ダメージは少ないと考えられます。普段の服や下着も綿などを利用しているものが多いので、それを目安に選ぶとかぶれにくいナプキンを探すことができるのではないかと考えられます。布ナプキンでかぶれや、摩擦による痒みが軽減するのにはこうした理由があるようです。生理時にかぶれや痒みが起きるのは、ムレによる雑菌の増殖や、長時間同じ生理用品を着けることが原因です。紙ナプキンは下に浸透してもテープ部分はビニールなので下着を汚すことはありませんが、その分、通気性が良くないものも多いです。ムレで増殖する雑菌の繁殖が起きやすい環境といえるでしょう。群れと臭いの問題は、通気性にこだわった物に変えたり、布ナプキンに変えることで症状が軽減される可能性があります。