女性

布ナプキンには実際にどのようなメリットがあるのか

効果があるかを考える

オーケー

「肌にいい」「かぶれが改善する」など良い噂の多い布ナプキン。しかし、実際のところはどうなのかと思っている人も多いのではないでしょうか。そんな布ナプキンについて、解説したいと思います。まず、布ナプキンについてあまり知らない人もいるでしょう。布ナプキンは、名前の通り布で作られた生理用品です。布は、メーカーによってもさまざまで、化学繊維や、ニット、リネンやコットン、パイルやメリヤスなどで作られているものがあります。それぞれ、生地の特性があります。綿は水に強く、吸湿性発散性も高いので、オーガニックコットンの布ナプキンが洗濯や使用において不快感が少ないものです。タオルやハンカチに使われるパイル地も吸水率が高く、保温性の高い生地です。化学繊維のレーヨンなどは水にあまり強くないので、強度が下がる恐れがあります。汚れ落ちの高いのがリネンです。布ナプキンを購入する際には、素材から考えるのも重要です。紙ナプキンとの比較で、吸水ポリマーが冷えるというのは根拠となる事実はないようです。ただし、布ナプキンの保温性が高いのは事実です。肌に紙を乗せるのと、布を乗せるのでは保温効果が断然違います。ダンボールのように断熱性があるなら別ですが、断熱でなく熱を維持する保温性を考えれば布の方が上でしょう。お腹や腰を冷やさないことは生理痛を軽減するのにも重要です。暖かく通気性のいい素材で作られているものの方が冷えによる生理不順の改善と、ムレや臭い対策には効果的です。

かぶれと痒みの改善効果

女性

布ナプキンに変え、かぶれと痒みが解消されたという体験談は多くあります。しかし、実際には紙よりも布の方が良いのかと疑問に思った人も多いことでしょう。摩擦とムレと言う原因と解決について考えてみましょう。

More Detail

臭いの対策をする

白いタオルを首にかけた女性

臭いが軽減することでも知られる布ナプキンですが、生理用品の臭いの原因は雑菌の繁殖と酸素に触れた血液の酸化です。使用中は気にならない布ナプキンでも、使用後は抗菌や消臭対策をしましょう。

More Detail

最大のメリットはコスト

帽子をかぶった女性

布ナプキンの最大のメリットはなんといっても、コストパフォーマンスです。使い捨て紙ナプキンと布ナプキンのコストパフォーマンスでは、5年で6,000円程度の差額が生まれます。ゴミも少ないので環境にも優しいです。

More Detail